資本形成に最適の先物取引の種類は

それぞれの先物取引の特徴は何か

商品先物取引の特徴は

商品先物取引は品物売り買いをする取引です。
世界経済にも影響がある金、ガソリン、原油などの銘柄は特に人気もあるようです。
人気が高かったり馴染み深い銘柄は取引量も多いので過去のデータが集めやすかったり、今後の値動きも予想がしやすい傾向にあります。

金などの金属類は現物が残るので例外ですが、ほとんどの品物は食べたり使用されたりする事で消費されて無くなります。
農作物の場合は、畑を耕し、苗や種を植え、育てて収穫をし市場に出回るまで時間がかかりますし、日照不足や台風などの災害を受けやすく毎年収穫量が同じとも限らないのです。

それぞれの銘柄によって収穫までの手間や速度、災害などからの強度、消費量も変わってきます。
また需要と供給のバランスも値動きを左右するので、これらを総合して予測を立てていきます。

債券先物取引と株価指数先物取引の特徴

債券先物取引は、利率と償還期限が取引所で決められています。
購入する時点では架空の債権なのですが、決済日には現物の債券として受け取る事ができるのです。

購入する場合も売却する場合も決済日までにいくらで取引をするか金額を設定しておきます。
設定した金額より決済日の値段が高くなった場合、購入なら設定額の金額で取引できるので安く購入できて得になりますが、売却の場合は取引額よりも安く売らなくてはならないので損することになります。
反対に低くなった場合は、反対になるので購入時が損をし売却時が得になります。

株価指数先物取引は取引対象が株価指数です。
今の数値から今後上がるのか下がるのかを予測して取引していきます。
レバレッジといって取引結果の数値に対して倍率をあらかじめかけておくこともできるのも面白さのようです。


この記事をシェアする