資本形成に最適の先物取引の種類は

先物取引にはどんな種類があるのか

商品先物取引とは

学校の授業で農家も購入する側も、その年の収穫量に影響されることなく同じ金額で安定した取引できるという約束と保障がされているという、簡単な先物取引の仕組みを習った記憶はないでしょうか。
そんな影響もあるのか一般的に先物取引と言えば、商品先物取引を頭に浮かべる人が多いようです。

商品先物取引は米や大豆やトウモロコシなどの農作物、金や銀プラチナなどの貴金属と銅やスズなどの非鉄金属などの金属、石油やガソリンや石炭などの資源など幅広い商品の扱いがあり、これらの商品をコモディティとも呼んでいます。

先物取引にチャレンジをするなら、実際に知っている品物の方がイメージできるし予測が立てやすい事もあるかもしれませんね。

債券先物取引と株価指数先物取引とは

債券先物取引というのはそのまま債券の取引の事です。
少しややこしいのですが、この場合の債券というのは実際に発行されている債券そのものではありません。
実在しない架空のものであり、標準物と呼ばれる債券を取引対象としていて、その価格を予想していきます。

株価指数先物取引も、その文字通りそのまま株価指数を取引します。
ニュースを見ていて、今日の日経平均株価はと説明しているのを聞いたことはないでしょうか。
その中でも良く聞く日経平均225とは、東京証券取引第一部に上場する1700以上の銘柄のうち、日本企業の有名な会社など225銘柄を対象に計算された株価の平均値の事です。
時間ごとに算出しているので、この指数の予測をして取引をします。


この記事をシェアする