資本形成に最適の先物取引の種類は

先物取引の魅力は何か

先物取引の仕組み

そのルーツは江戸時代からあるとも言われています。
例えばお米等の農作物は天候や災害等の影響を受けて、その年によって豊作の時もあれば天候に恵まれず不作の場合もあります。
災害等の影響で全く取れない年もあり、毎年必要な分だけ同じ量が収穫することは不可能です。

だからと言って、その年の収穫量に合わせて安価だったり高価になってしまうと、農家側も購入する側も予測が立たないので困ってしまいます。

そうならない為に、あらかじめ買う時期と金額を約束しておくのです。
結果として豊作だったとしても不作だったとしても、最初に約束した金額で取引ができるのです。
作物の出来具合によって農家側が損してしまう年もあれば、購入側が損してしまう年もありそうですが、取引価格はそういった状況を踏まえお互いに不利益にならないように設定しているので、保障されていて安心というメリットがあるのです。

先物取引のメリット

投資をしたいけど、大きな金額を用意する事は難しい、損した時のリスクが怖すぎて手が出せないと感じる人は多いと思います。
高騰や暴落は投資の楽しみでもあるのですが、あまり詳しくないのに手を出して貯金が消えてしまったら怖いですよね。

先物取引は取引する金額と同額の資本金を用意しなくても良いのがメリットです。
株式投資のように大きな金額を投資したのに、何かの影響をうけて数日で一気に暴落して大損するような心配は少ないです。

なぜなら先物取引の場合は投資金額に対しての証拠金の容易でスタートできるのです。
証拠金は100万円に対してだいたい8万円程度で良いのです。
8万円も損をして消えてしまったら痛いですが、100万円を損したと考えれば割り切れる金額ではないでしょうか。


この記事をシェアする